忍者ブログ
乳がん仲間の小さなおしゃべり会momoと、QOOLコミュニティスペースの情報交換の広場。がんに関する情報もアップして行く予定です。(QOOLはモーハウスの提唱する クオリティ オブ おっぱいライフの略です)
≡ Admin ≡ Write ≡
4月20日(日)13時〜15時30分、水戸市赤塚MIOS(ミオス)にて乳がん仲間の大おしゃべり会を開催しました。スタッフを含め28名の参加でした。毎月のおしゃべり会にいらしている方、はじめての方等々、2時間のおしゃべりタイムでは自己紹介だけ…になってしまいましたが、新しい出会いが新しい力になってくれることを信じています。
ご来場いただき、ありがとうございました!
印象的だったのは、医師のことばがとても乱暴…な場合が多かったということです。これはちょっとモンダイあり、ですね。またリンパ浮腫への対応もちゃんと考えなければ…と思いました。

さかいは急きょエイボンのA粕さんにメイクをしていただいて、ちょっとだけ「写真」に近付いた感じ。

当日のお土産は、エイボン 日本対がん協会 アストラゼネカ 博報堂 茨城県保健予防課 等のご協力をいただきました。どうもありがとうございました。(さかいひろこ)
PR
世田谷区北沢区民集会所にて開催された、さかいの講演会が無事に終了しました。東都生協の取材もあり、記事をみて参加された方の他にNHK出版のM岡さん、またコーディネーターの同期生のみなさんもかけつけてくださいました。企画・運営のピンクリボンを結ぶ会のみなさま、おつかれさまでした。どうもありがとうございました!

ピンクリボンを結ぶ会のおしゃべり会は世田谷区下北沢集会所にて毎月最終水曜日に開催されます。
1月30日(水)/2月27日(水)/3月26日(水)
問い合わせ先 03-6903-4077
5月13日(日)、つくば市のエポカルで開かれたピンクリボンフェスティバルに参加してきました。今年で3回目を迎えるこのフェスティバル、水戸を7時30分に出て、9時ちょうどごろに到着。拙著『おっぱいがたいへん!!』のチラシ配布と販売をしてきました。T本さんとN村さんと、いろいろなブースをのぞきながら、一日ピンクリボンのつどいを楽しみました。太田代先生、ありがとうございました。来年は、momoもブース参加したいと思っています。
1月5日、飯田橋手作りケーキの店・パウゼにて1時〜3時「乳がん仲間の小さなおしゃべり会momo」のおしゃべり会を開きました。
今回、「がん患者生活コーディネーター」講座で知りあった方にご案内をしたので、講座仲間3人も参加して下さいました。その折り、講座仲間が築地でアロマテラピーのお店を開いたとの情報。ぜひ行ってみたいです。詳細がわかりましたら、こちらでもご案内いたします。
聖路加国際病院で開催された「がんと遺伝」の講演会に参加。
最初の講演は大腸ガンの遺伝のカウンセリングなどに取り組んでいる、兵庫医科大学の権藤先生。遺伝カウンセリングの重要性が指摘された。
乳がんにも遺伝子でなるものがある。米国では予防的に切除するということを聞いている。思わず日本ではどうなのでしょう、と「乳がんと遺伝」を発表された矢形先生に聞いてみた。
日本では米国に遅れていろいろなことが進んでいるが、だいたい追順するような方向にいくのではないか、という見解だった。そこで、米国で遺伝カウンセラーとして実際の現場を体験しているお茶の水女子大の大学院の田村先生に米国での様子をうかがう。「米国では、遺伝カウンセラーとの話し合いで、健診を定期的に受ける場合(その場合は専門の看護師からセルフチェックの方法の指導がある)と、予防的乳房切除に踏み切る場合とがある。乳房切除を希望するのは全体のだいたい2割ほどの人で、家族が乳がんの重い症状で苦しむのを見ていて、自分もそうなるのかと恐怖で耐えられない、夜も眠れないというような場合や反対側乳がんの可能性があってそれならどっちもとっちゃいましょう、という場合など選択としてはアグレッシブだけれど、理由を聞いてみると「あなたの場合なら受けるわね」と納得できるような場合が多い」とのことだった。
日本でもこれは大きな問題になると思う。
11月23日、四谷の主婦会館プラザエフにて開催された、「性と健康を考える女性専門家の会」シンポジウム 妊婦の乳がんとSTD(性感染症)の診方に参加してきました。
最初に会長・主婦会館クリニック産婦人科医師の堀口雅子先生のあいさつ、そしてみやした助産院院長の宮下美代子先生と聖マリアンナ医科大学乳腺外科教授・福田護先生の発表、最後に愛知医科大学の野口靖之先生によるSTDについての発表がありました。

宮下先生による症例報告の中で、授乳期ということで乳房の異常を訴えているにも関わらず、「ちょっと様子をみましょう」と病院をたらいまわしになり(乳房の硬結)、切開をして楽になったものの間もなく死亡(死因は特定されていないらしい)された方の話をうかがい、授乳期への対応も重要だとつくづく感じました。

でも、授乳期ってとてもたいへんだから、ちょっとくらい具合がわるくてもけっこう無理しちゃうと思うんですよね。

偶然、席のおとなりが前からお会いしたいナと思っていた、ウィミンズ・ウエルネス銀座クリニックの対馬ルリ子先生でびっくり!(風張土偶のおひきあわせかもしれない、と真剣に考えているさかいでした…)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/18 さかい ひろこ]
[08/12 toshi]
[04/17 さかいひろこ]
[09/05 さかいひろこ]
[09/04 nakashima]
プロフィール
HN:
さかいひろこ&momo♪スタッフ
性別:
女性
職業:
イラストレーター
趣味:
遺跡歩き
自己紹介:
「乳がん仲間の小さなおしゃべり会momo♪」を開いています。
水戸では、毎月第4月曜日、紅茶館さんにて午後2時〜3時30分ころまで(水戸市南町3-3-37)。お問い合わせ:水戸こどもの劇場(TEL029-255-0908)またはメールmomo_20070625あっとまーくyahoo.co.jpが窓口です。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
○sozai:Sya ra ran*○ Template:hanamaru.